GINZA MIYAKO CLINIC

新型コロナウイルスPCR検査

01

海外渡航前PCR検査

当院は、経済産業省が運営するTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)の登録医療機関です。 現在海外に渡航する際には、ほとんどの国でPCR検査による陰性証明書が必要で、TeCOTが認めた医療機関での検査が勧められています。 当院では、これまで、タイ、中国、韓国、ドバイ、シンガポール、カンボジアなど多くの国への証明書を発行し、数百人の方が渡航された実績があります。(2021年1月時点でハワイ州は未対応)

海外渡航前PCR検査の料金

*すべて税・診断書発行料込み価格です

  • 中国への渡航
    33,000円
    *IgM抗体検査料を含む
  • タイへの渡航
    27,500円
    *Fit-to-Fly(健康診断書)を含む
  • 中国・タイ以外への渡航
    22,000円

(割引)
ご家族で検査される場合には 2人目以降はお一人あたり5,500円割引となります。

検査方法

唾液によるPCR検査を行います。国によっては、鼻咽頭ぬぐい液で検査を行います。

検査結果

当院と他クリニックと共同運営しているPCRセンターを所有しており、最短で3時間後には結果を出すことが可能です(陰性の場合)。
検査結果の検査スケジュール
11:30までに提出 → 当日15時前後に結果
14:30までに提出 → 当日17時半前後に結果
14:30以降に提出 → 翌日12時前後に結果

※陽性が出た場合には、感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)に則り、保健所に届け出を行います。

事前同意書

滞在時間を短縮するために、オンラインでの事前同意書にご協力いただいております。

渡航前検査同意書(中国用)

渡航前検査同意書(中国以外)

02

一般向けPCR検査

有症状・無症状に関わらず、自費での検査となります。

一般向けPCR検査の料金

*すべて税込み価格です

  • 唾液・鼻咽頭ぬぐい液による検査
    16,500円
  • 郵送検査(唾液のみ)
    22,000円
    (送料も含む)
  • 証明書が必要な場合は証明書作成料
    3,300円

検査結果

14:00までに提出 → 当日17時半前後に結果
14:00以降に提出 → 翌日12時前後に結果

※海外渡航前PCR検査とは一部異なります

03

抗原検査

検査方法

富士レビオのエスプライン®SARS-CoV-2を用いて、鼻腔ぬぐい液で検査します。
鼻腔ぬぐい液での検体採取法は、前鼻腔(鼻の穴から2㎝程度奥)で検査を行うので、痛みが少なく、医師の監督の下での自己採取も可能です。

鼻腔ぬぐい液の検体採取方法

(富士レビオ株式会社より)

滅菌綿棒を、鼻孔に水平に2cm程度挿入し、滅菌綿棒を5回程度回転させます。
挿入した部位で5秒程度静置したのち、滅菌綿棒の先端が他の部位に触れないように注意深く引き抜きます。

検査対象者

有症状者(発熱や味覚障害など、何かしらの症状が出てから2日目~9日目の方)

検査結果

30~40分で結果が出ます。

陽性が出た場合には、感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)に則り、保健所に届け出を行います。

検査料金

  • 新型コロナウイルス抗原検査(定性)
    8,800円
    (税込・診察料込)
04

抗体検査

1.定量法

指先から少量の血液を採取し、抗体の有無を測定します。郵送後、ご自身で検査を行うことも可能です。 

使用するキットINNOVITA(中国製)、LumiQuick(米国製)

測定時間:15分
料金:5,500円(税込・診察料込)

2.定性法

通常の採血による測定で、抗体の量を調べます。

測定時間:1-2日
料金:6,600円(税込・診察料込)

検査対象

新型コロナウイルスに感染後、抗体ができるまでに1週間以上かかるため、定量法・定性法ともに、過去の感染を調べたい方に向いています。

陽性が出た場合、過去の感染が疑われますが、現在の感染も否定できないため、追加で抗原検査もしくはPCR検査をお勧めしています。保健所への届け出義務はありません。