GINZA MIYAKO CLINIC

CBDによる治療

01

CBDとは

大麻草には、THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)の2大成分があります。そのうちCBDは、向精神作用を持たない上に、様々な治療効果を示すということで非常に注目されています。
CBDには>①抗炎症作用>②鎮痛作用>③抗不安作用>⑤抗てんかん作用>⑤抗がん作用>⑥制吐作用など様々な作用があり、病気の予防や治療の有用性について研究が進められています。中でも、最も効果が期待されているのは、抗てんかん作用で、海外では難治性のてんかんの治療薬として認可されています。
また、WHO(世界保健機構)は、CBDに関して危険性の見直しを行い、乱用や依存性がなく安全であること、医療的に有効な成分であると勧告しています。

世界では数多くのCBD製品が販売されており、成分や投与方法など、様々な種類があります

成分

① アイソレート
CBD成分のみが含まれているもの
② ブロードスペクトラム
THC以外のいくつかの大麻草由来成分が含まれているもの
③ フルスペクトラム
大麻草の全成分が含まれているもの。THCを含むので、日本では違法となる。

投与方法

① 舌下
字のごとく舌の下に投与し、舌下の粘膜血管から体内に入れる方法
吸収率が高く、効果が出るのも早い
② 吸入
熱で蒸気化し、肺の血管から吸収させる方法
効果が出るまでの時間が最も早いが、持続時間は短い
③ 経皮
軟膏やクリーム、スプレーなどで皮膚から吸収させる方法
基本的には局所のみに作用するので、全身的な反応は少ない
疼痛や神経障害(しびれなど)、皮膚炎、ニキビなどの治療目的で使用される
④ 経口
サプリメントや食品、飲料などで腸から吸収させる方法
吸収率が6-15%と低く、効果が出るまでに時間がかかるが、持続時間は比較的長い

当院では、CBDオイルと、CBDバーム、CBDリップの3種類のCBD製品を扱っています。全てアイソレートの原料を使用し、輸入後に国内で再チェックをした上でTHCが含まれていないことを確認しています。また、製品は全て国内で加工・製造(CBDオイルは院内で調合)しています。市販されているCBD製品は主に海外製で、一部の製品ではTHCの検出や不適切なCBD濃度といった問題が生じています。国内でも成分分析を行い、国内で製造された、本当に安心できる安全なCBD製品のみを採用しています。
また、CBD製品は誤った方法で投与すると、効果が激減したり、副作用が生じたりすることがありますので、初めて使用する際には医師の指導のもとで行うことを勧めています。

*参考論文
「臨床の場でカンナビジオール(CBD)をいかに用いるか」

CBDオイル10ml 10~30%
10% 7,700円、20% 15,400円、30% 22,000円 *すべて税込

様々な疾患に使用可能で、症例によって濃度を使い分けます。

初回は、必ず診察(オンライン可)した上での処方となります。

CBDバーム 1% 30g 7,700円(税込)

様々な皮膚疾患や筋・神経疾患によるしびれや疼痛に対して使用します。
ワセリンとCBDのみで作られており、添加物や保存料は一切使用しておりません。

初回は、必ず診察(オンライン可)した上での処方となります。

スティック型CBDクリーム 4,180円(税込)

低濃度のCBDを配合し、肌を整える効果と肌や唇、爪などの保湿効果が期待できます。

ティック型CBDクリームは通販可能です(診察なし)
こちらから購入できます

02

CBDとがん治療

がんに対するCBDの作用は、現在世界中で研究されています。
CBD自体の研究が始まってからまだ日が浅く、ヒト臨床試験まで進んでいないがん種が多いですが、ここ数年で細胞レベルや動物実験では抗腫瘍効果を示す論文が多数発表されています。 あと5年もすれば、ヒト臨床試験の論文が多くみられるようになると予想します。

CBDの抗腫瘍効果についてまとめた2020年の最新の論文*1(有望な抗腫瘍薬としてのカンナビジオール(CBD))によると、下記のがん種に対する効果が認められています。

  • CBDの抗腫瘍活性はROS(活性酸素種)、ER(小胞体)ストレス、および免疫調整と関係している
  • ハイグレードなグリオブラストーマ(神経膠芽腫)に対して、標準治療にCBDを併用することで再発の抑制や生存期間の延長が見られた(ヒトでの症例報告)
  • 乳がん細胞に対して、CBDによる抗腫瘍効果と腫瘍細胞の転移抑制が見られた。またCBDを併用することで、乳がんに細胞のシスプラチンに対する感受性の増強が見られた(ヒトでの研究なし)
  • 肺がん細胞に対して、CBDによる腫瘍細胞の浸潤抑制が見られた。また、1例報告だが、ヒトでCBD単独で肺がんの抗腫瘍効果が見られた。
  • 大腸がん細胞に対して、CBDによる抗腫瘍効果とFOLFOXの耐性を減ずる効果が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 白血病細胞に対して、CBDによる殺細胞性効果が見られた。また、化学療法に対する耐性を減ずる効果が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 前立腺がん細胞に対して、増殖抑制効果とアポトーシスの誘導が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 子宮頚がん細胞に対して、CBDによる殺細胞効果が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 肝がん細胞に対して、CBDによる細胞生存率が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 甲状腺がん細胞に対して、CBDによる増殖抑制効果とアポトーシスの活性化が見られた。マウスでも抗腫瘍効果が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 胃がん細胞に対して、CBDによる増殖抑制効果が見られた。マウスでも抗腫瘍効果が見られた。(ヒトでの研究なし)
  • 膵臓がん細胞に対してCBDによる増殖抑制効果が見られた。マウスではゲムシタビン(GEM)との併用で生存率が向上した。(ヒトでの研究なし)

CBDの抗腫瘍効果が認められたがん種

細胞株 動物実験 ヒト臨床試験
神経膠芽腫 症例報告のみ
乳がん シスプラチンの効果増強
肺がん 症例報告のみ
大腸がん
白血病
前立腺がん
子宮頚がん
肝がん
甲状腺がん
胃がん
膵臓がん

*1 Emily S. ; Andrea K.; Danny M.: Cannabidiol (CBD) as a Promising Anti-Cancer Drug. Cancers 2020,12(11),3230

03

CBDで治療できる疾患

現在、CBD(商品名:エピディオレックス)は小児の難治性てんかん(レノックス・ガストー症候群、ドラベ症候群)に対して世界中ですでに使用されています。*日本では未認可

他にも、まだ臨床研究中の疾患が多数あり、以下の疾患に有効である可能性が示唆されています。(CBDに関してはここ数年で研究が進み、論文数も急増しているので、これからエビデンスが積み重なっていくものと思われます)

<精神・神経疾患>
  • アルツハイマー病
  • 多発性硬化症
  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)
  • ハンチントン病
  • 発作性疾患(てんかんなど)
  • 低酸素虚血性脳障害
  • 疼痛(特に神経因性疼痛)
  • 精神障害(統合失調症・うつ病)
  • 不安神経症
  • 不眠症
  • 依存症(薬物、アルコール、タバコなど)
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • 自閉症
<身体的疾患>
  • 喘息
  • 自己免疫疾患
  • 関節リウマチ
  • 感染症(MRSA:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症)
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病
  • 心血管疾患
  • 糖尿病と糖尿病性合併症
  • 皮膚病(掌蹠膿疱症、ニキビなど)
  • 吐き気(悪心)
  • 食欲抑制

当院では、上記疾患やそれ以外でも、患者さんの同意のもとでCBDを使用しておりますので、気になる方はお問い合わせください。

*参考論文
「臨床の場でカンナビジオール(CBD)をいかに用いるか」

エイジングケア・検査
04

マイヤーズカクテル点滴

マイヤーズ・カクテル点滴は、慢性的に不足しがちである身体に必要不可欠なビタミンやミネラルなどの栄養素を点滴で取り込むことで、身体や精神の機能を整え、様々な疾患に対応することを目指して行います。点滴には、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、カルシウム、グルタチオンなどを入れます。

マイヤーズ・カクテルの歴史

米国メリーランド州のジョン・マイヤーズ医師は、マイヤーズ・カクテルと呼ばれる点滴を行うことで、風邪や喘息、慢性疲労などを治療することで有名でした。1984年のマイヤーズ医師の死後、一度は途絶えてしまいましたが、2002年に米国ホリスティック医学会会長のアラン・ゲイビー医師によって再現され、現在では全米で統合医療クリニックの標準治療となっています。

効果が期待できる疾患

気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、 こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、心不全、狭心症、生理不順など。

05

グルタチオン点滴

グルタチオンは、生命維持に欠かせない3種類のアミノ酸が結合した化合物です。グルタチオンの働きはたくさんありますが、主要な働きとして「抗酸化」と「解毒」があります。
体内で発生した活性酸素や過酸化水素を消去し、体のサビを取ってくれる(=抗酸化作用)ので、アンチエイジングに幅広く用いられています。

また、薬物や毒物などを細胞外に排出する働き(=解毒作用)があるので、重金属や薬物(アルコールも含む)の解毒治療としても用いられています。
グルタチオンは、アスパラガスやブロッコリー、ホウレン草、アボカド、牛レバー、赤貝などに多く含まれていますが、食品だけでは十分な量を摂取するのが難しいため、当院では点滴での使用を勧めています。

改善が期待される症状・効果

疲労回復
慢性疲労やストレスにより生じた酸化物質を除去します。
美白効果
抗酸化作用で、「メラニンを作らせない」「メラニンを黒くしない」ように働くため、シミやくすみ、色素沈着などに効果があります。白玉点滴とも言われます。
肝臓機能改善
肝臓は薬物やアルコールなどを解毒する働きをしており、グルタチオンでその働きを助けてあげることで肝臓の負担を減らし、肝臓機能を回復させます
放射線治療に伴う副作用
放射線を照射すると、細胞のDNAが傷つくだけでなく、活性酸素が生じて、それ自体も細胞を傷つけます。グルタチオン点滴は、活性酸素を除去することで、放射線治療の副作用である白血球減少や放射線酔いを軽減させます。
06

肝臓機能改善注射

肝臓機能を改善させるグリチルリチン酸を注射します。

  • お酒をよく飲まれる方
  • 健康診断で肝臓機能の異常が見られた方
  • 二日酔い予防、二日酔いの回復

などに向いています。

また、グリチルリチル酸は、肝臓機能を改善以外にも、抗炎症作用や抗アレルギー作用があるため、じんましん、皮膚炎、皮膚そう痒症、口内炎、アレルギーなどにも効果的です。

07

ダイエット注射

αリポ酸とL-カルニチンを注射します。

αリポ酸は、ミトコンドリア内での脂肪の燃焼を促すことで、熱エネルギー生み出し、基礎代謝を高めます。また、αリポ酸は抗酸化力も高く、アンチエイジングにも用いられています。

L-カルニチンは食べたものの脂肪分をミトコンドリアへ運ぶ役割をします。αリポ酸と併用することで、脂肪の燃焼効率が上がり、やせやすい体になっています。

08

水素吸入

一般的に抗酸化物質と言えば、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、ポリフェノール、グルタチオンなどが知られておりますが、水素も強力な抗酸化作用を持つ物質の一つです。
水素は非常に小さいので(原子番号1番)、他の抗酸化物質が届かないような場所、例えば脳や閉塞した血管なども通ることができます。先進医療として心肺停止後の脳保護としても用いられていますし、心筋梗塞で心臓の血管が閉塞した場合でも心臓のダメージを減らすという研究もあります。
水素に関する研究は幅広く行われており、アンチエイジングだけでなく、上記のような病態やがん治療の副作用にも使用されています。

Molecular hydrogen alleviates nephrotoxicity induced by an anti-cancer drug cisplatin without compromising anti-tumor activity in mice. Cancer Chemotherapy and Pharmacology volume 64, Article number: 753 (2009)
“水素分子は、マウスにおいて抗腫瘍効果に影響することなく、抗癌剤シスプラチン誘発性の腎障害を軽減する” *シスプラチンによる死亡率や体重減少なども低下させた。

Effects of drinking hydrogen-rich water on the quality of life of patients treated with radiotherapy for liver tumors
Medical Gas Research  volume 1, Article number: 11 (2011)
“水素水は肝腫瘍で放射線治療を受けている患者のQOL(生活の質)を改善させた”

水素が免疫細胞を増加させ、抗癌剤の効果を増強するという研究もあります
“水素ガスの免疫学的効果”

“水素医学の創始,展開,今後の可能性:広範な疾患に対する分子状水素の予防ならびに治療の臨床応用へ向かって” Ota. J. of Japanese Biochemical Society 87(1): 82-90 (2015)

水素の可能性【NHKニュース】
水素に関する臨床研究をまとめた図
動物実験または臨床試験によって,
水素の予防効果や治療効果が報告された疾患

※のついた疾患(太字)は,すでに臨床試験が論文として発表されている.

当院は、臨床水素治療研究会に参加しており、同研究会の推奨する水素吸入器による治療を行っています。この吸入器は非常に安価で、購入してご自宅で水素吸引を継続して頂くことも可能です。

09

テロメア検査

私たちの体を作っている細胞は、常に分裂を繰り返し、新しい細胞を作り出すことで「現状」を保っています。しかし、細胞は無限に分裂できる訳ではなく、一定の回数分裂したあとは、それ以上分裂できなくなり「細胞死」を迎えます。この細胞死と関係しているのが、「テロメア」と呼ばれる、染色体の末端にある構造です。細胞が分裂するたびにテロメアは短くなっていき、テロメアがある長さいかになると細胞が分裂できなくなる。テロメアの「命のろうそく」のようなものと言えます。

テロメア検査ではテロメアの長さを測定し、実年齢とテロメア年齢との差を調べます。テロメアが実年齢よりも短い人は「がん」「脳卒中」「心筋梗塞」「糖尿病」「認知症」などの疾患のリスクが高くなるため、生活習慣の改善などアンチエイジングに努める必要があります。また、テロメアの長さには生まれつき個人差があります。もともとテロメアが短い人は、細胞の寿命が来るのが早いため、実年齢よりも加齢度合いが高くなります。

10

脳梗塞・心筋梗塞リスク検査

脳梗塞・心筋梗塞は、前兆なく発症し命を落とす病気です。現在は、医療の進歩によって命を取り留める確率は以前よりも高くなってきているものの、日本人の死因を疾患別にみると脳血管疾患、心疾患を原因として命を落とす方は依然多く、その合計数では死因1位の悪性新生物(がん)と同水準にあります。

脳梗塞や心筋梗塞の原因の多くは動脈硬化です。動脈硬化とは読んで字のごとく、「動脈」と呼ばれる血管が硬くなってしまうことです。動脈硬化はLDLコレステロールに代表される脂質が血管の内側に取り込まれることで進行していきます。血管の内側に脂質が溜まっていくと、“プラーク”と呼ばれる血管のコブが形成されます。これにより血管が狭くなり、血液の通りも悪くなっていきます。そして、このプラークが破れると血栓という血の塊ができ、完全に血管を塞いでしまいます。これが脳の血管で起きると「脳梗塞」、心臓の血管で起こると「心筋梗塞」となります。

当院で行っている脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査は、LOX-index®と呼ばれる最新の指標を用いて調べることができる、日本で唯一の検査です。
LOX-index®が高値だと、脳梗塞の発病率が薬3倍、心筋梗塞の発症率が約2倍となります。

動脈硬化は、今までは進行しないと画像健診で捉えきれず、発症する危険が高まって初めて発見することが多かったのですが、LOX-index®は動脈硬化の初期段階から調べることが可能です。未病の段階で血管の状態を知ることで、発症予防への意識を持ち、発症するリスクを減らすことが可能となります。

11

認知症リスク検査

①MCIスクリーニング検査

厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の高齢者のうち認知症の人は約700万人(5人に1人)に増加すると予測されています。現在、認知症は症状の進行を一定期間防ぐ薬はあるものの、根本的な治療薬はまだ開発されていません。

そんな中で重要になってくるのが、認知症予備軍と呼ばれる、健常者と認知症の中間に位置する軽度認知障害(MCI)の存在です。MCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐこと、遅らせることが可能と言われています。根本的治療が存在しない認知症では、発症後の治療ではなく発症前の予防が最も大切なのです。

当院で行っている認知症リスク検査の一つであるMCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)を調べることで、将来の認知症のリスクを予測します。

MCIスクリーニング検査の動画(https://youtu.be/-18Xlb9DuIM)

②ApoE遺伝子解析

日本における認知症の過半を占めるとされているのが、アルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳内に蓄積し、神経細胞がダメージを受けることで発症します。このアミロイドベータペプチドの蓄積に大きく関わっているとされているのが、ApoE遺伝子のタイプです。ε4型の遺伝子を持つ人は、持たない人と比べて、3~12倍程度アルツハイマー型認知症のリスクが高くなると言われています。

ApoE遺伝子検査では、どのタイプの遺伝子を有しているかを判定し。遺伝的な認知症のリスクを調べます。アルツハイマー病の発症は「遺伝的要因」だけで決まるも のではないですが、リスクを事前に知り、食事や運動習慣など「環境要因」を意識した生活習慣を行うことで発症を遅らせたり、予防することが可能となります。

エイジングケア料金一覧へ