LINEでがんよろず相談室

がんよろず相談室を開設しました。

友だち追加

がんに関することなら何でもご相談ください。院長がお答えします。

がん遺伝子治療相談外来

初診の方のみとなりますが、毎週月曜日のみ(祝日の場合は翌火曜日)「予約不要・飛び込みOK」でセカンドオピニオンをご希望の方向けに「がん遺伝子治療相談外来」を行っております。詳しくはこちら

お知らせ

がんよろず相談室 20のエピソード」発売しました。

詳細はこちら

がんよろず相談室 表表紙 がんよろず相談室 裏表紙

免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ)に関する頁を期間限定公開中です。

過去のお知らせはこちら

がん遺伝子治療専門のクリニックです

がん遺伝子治療は、がん抑制遺伝子などを投与することで、「がんの治療」「がんの再発予防」「がんの発症予防」を行う治療です。
がん抑制遺伝子3種と遺伝子抑制RNA2種を組み合わせて、がんを治療します。

がん遺伝子治療相談外来

初診の方のみとなりますが、毎週月曜日のみ!「予約不要・飛び込みOK」でセカンドオピニオンをご希望の方向けに「がん遺伝子治療相談外来」を行っております。

がんの遺伝子治療に興味があるが不安がある、がん遺伝子治療専門医の話だけでも聞いてみたい、という患者様のご要望にお応えするため、当院では毎週月曜日のみとなりますが、特にセカンド・オピニオンを受けたい初診の患者様向けに『予約不要』で「がん遺伝子治療相談外来」を行っております。

初診は約30~60分時間をかけて診察のみを行っており、がん遺伝子治療での治療方針をしっかりとご理解頂いた上で、検査や治療は2回目以降の再診時となり、初診では初診料以外一切費用はかかりません。

月曜日は来院順に診察となるため混雑している場合は待ち時間が長くなる可能性がございますが、受付をされましたら“順番は何番目で何時くらいに診察になるか”を受付でお伝えさせていただいております。受付後、問診票をご記入いただくのですが、当院は患者さんの病状を診察時に「早く、正確に」病状を把握するためにできるだけ詳しく問診票をご記入頂く為、問診項目が非常に多く、問診票に記入していただくだけで30分程度時間を要します。
ですので、事前に問診票をご記入頂いた上でのご来院のご協力を頂いております。
事前に問診票をご記入頂いた場合、事前にメール、FAX({{ splittedPhoneNumber }})または郵送で当院にお送り頂く、もしくは当日ご持参頂くかどちらをお願いしています。

診療フローチャート

問診票のダウンロード:Word版 / PDF版
問診票を郵送で取り寄せる場合はこちらからお申し込みください。

  • 事前にメール添付でご記入いただいた問診票をお送り頂く場合はこちらのメールアドレスにメールを送信してください。その際、過去の検査結果等あれば一緒に添付しお送りください。
  • 問診票ご記入後、来院まで時間がある方は、当院へ事前に問診票をご郵送頂ける場合はご郵送ください。診察までに医師が隅々まで事前確認させていただきます。
  • 月曜日以外は初診の場合でも必ずご予約が必要となります。ご予約はお電話で受け付けております。
  • 初診でセカンド・オピニオンをご希望の方は検査結果など過去の治療歴がわかるものがあればご持参頂くか事前に問診票と一緒にコピーをお送りください。

活動報告&メディア情報

2019年3月

  • 講演(MACメディカル)

    3月15日、健康・医療に関する情報交流会である、MACメディカルで、濱元院長が講演しました。「躍進する遺伝子治療」というタイトルで、遺伝子治療についての総論と、がん遺伝子治療の実際の症例についてお話させて頂きました。

2019年2月

  • 講演(中央3区医介塾)

    2月8日、中央区・千代田区・港区の医療と介護の交流会である、中央3区医介塾で濱元院長が講演しました。「高齢者とがん治療~認知症・寝たきり患者さんの対応も含めて」というタイトルで、高齢者とがん治療について具体的な症例も交えながらお話させて頂きました。

  • がんサイダー.info

    完治を目指すがん患者のための情報サイト『がんサイダー.info』に取材記事が取り上げられました。
    検査から治療まで、がんと遺伝子に関するQ&A 第三回「がん遺伝子治療とはどんな治療なのか?」についてがん遺伝子治療の専門家の立場からお話をさせて頂きました。

  • とくダネ! - フジテレビ

    2月13日放送、フジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』に、濱元院長がコメンテーターとして出演しました。
    水泳の池江璃花子選手がなった白血病について解説し、小倉智昭さんと伊藤利尋アナからの質問に答えさせて頂きました。

2019年1月

  • がんサイダー.info

    完治を目指すがん患者のための情報サイト『がんサイダー.info』に取材記事が取り上げられました。
    検査から治療まで、がんと遺伝子に関するQ&A 第二回「がん遺伝子検査で何がわかるのか?」についてがん遺伝子治療の専門家の立場からお話をさせて頂きました。

2018年10月

  • TVホスピタル 10月号

    首都圏593病院に15万部を設置する、入院病棟でニーズの高いTV情報誌『TVホスピタル』10月号に掲載されました。がん遺伝子治療の可能性や治療が有効な場合について書かせて頂きました。

  • エール 2018秋号

    アクティブに活動するシニアのための情報誌『エール』2018秋号に掲載されました。遺伝子治療の可能性について書かせて頂きました。

2018年9月